ADHDな私の生き方

ADHDな私がフリーランスとして生きていくための奮闘記みたいブログ

ADHDと診断されてはや8か月。ストラテラの効果のご報告

f:id:tshorse6289:20170109223926j:plain

去年ADHDと診断されてからはや8か月が経ちました。

この8か月割とゆっくりと過ごしたかいあってだいぶメンタルが回復してきたように感じる今日この頃。

その間、投薬治療で回復を図ってきたわけですがADHDに有効な薬はコンサータストラテラのみです。この8か月ストラテラを使ってみて感じたことをハラなり体験談としてご報告したいと思います。

ADHDで悩んでいて薬を使うことに抵抗がある方に参考になればいいかなと思います。

そもそもストラテラとは?

 ・このお薬は、そのような注意欠陥・多動性障害に有効です。詳しい作用機序はよく分かっていませんが、脳の神経で働いている神経伝達物質ノルアドレナリンの増加が、集中力や注意力を高めるなど諸症状の改善に関係していると考えられています。

 ・メチルフェニデートコンサータ)に続く、国内2番目の「注意欠陥・多動性障害治療薬」です。薬理作用からは「選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」に分類されます。メチルフェニデートとは効き方が違うので、治療の選択肢がさらに広がると期待できます。

 ・メチルフェニデートが中枢神経刺激薬であるのに対し、この薬はそれとは違う非中枢神経刺激薬になります。そのため、依存・乱用のリスクがほとんどなく、またメチルフェニデートで禁忌とされる過度の不安・緊張などの併存障害をもつ人にも使用可能です。副作用も比較的少ないです。

 ・速効性はありません。効き方はメチルフェニデートよりゆるやかです。服用開始2週間くらいから徐々に効き始め、6~8週目で効果が安定してきます。そして、一日をとおし途切れることなく効果が持続します。

・もともとは、6歳以上18歳未満を対象に小児用製剤として開発されましたが、2012年に適応が拡大され成人期においても使用できるようになりました。

引用:おくすり110番

 要約すると集中力を高めてくれ、緩やかな効き目で、依存性の低い薬です。

ハラはコンサータを使ったことがありません。

依存性がある程度あることと、過度の緊張で震えるなど併存障害もあったため医者と相談の結果、ストラテラを処方することとなりました。

 

 ストラテラを飲み始めた最初の1か月の感想

当初ストラテラを1錠40㎎を処方されました。

処方されてみて感じたのは副作用の強さ。

コンサータよりも副作用が弱いといわれていたので完全になめてました。

ストラテラの副作用として挙げられるのは

  • 食欲不振、吐き気、吐く、腹痛、下痢、口渇
  • 頭痛、眠気、不眠、立ちくらみ、めまい
  • 怒りっぽい、攻撃的、敵意の発現または悪化
  • 動悸、頻脈、心拍数増加、血圧上昇
  • 排尿困難、勃起不全、多汗症、味覚異常
  • 体重減少、成長遅延

 特に飲み始めて感じたのは食欲不振、吐き気、腹痛、口渇、眠気、めまい、頭痛、勃起不全とかなり副作用を感じました。

正直かなりしんどかったので何度もやめようと思いました。

ただ一時的なものだと思い我慢して飲み続けました。

2週間も過ぎるとだいぶ副作用も収まったのでここをなんとか乗り切ることが大事ですね。

ただハラの場合、問題発生しました。

 

ストラテラ処方から3か月、いったん処方をやめる

問題は、うつがひどすぎたこと。

うつ状態で何にもできなかったのでストラテラの効果を全く感じませんでした。

またストラテラを80㎎に増やしてから副作用がきつくかなり苦しかったこともあり、先生と相談しうつ状態を改善すること優先しました。そうしてストラテラを一旦やめ集中的にうつの治療に専念することとなりました。

 うつ状態は治療によりかなり改善し、本を読んだり外に出かけたりするまで回復することができました。

  ストラテラをやめて2か月が経過しようとしていた頃、ようやくストラテラを再スタートすることとなりました。

 

ストラテラの効能を初めて感じるように

はじめてストラテラを処方されてから5か月、2ヵ月ぶりに再開したわけですがやっぱり最初は副作用を感じました。

ただ前回ほどではなく、口渇と腹痛くらいでした。

ただ投薬当初よりだいぶましになっていたのですぐに80㎎に増やし経過を観察することとなりました。

 ストラテラの投薬から1か月が過ぎたある日、本を読んだり勉強したりするときに集中できていることに気づきました。

落ち着かない気分がなくなり、心が静かになるのを感じたのです。

 以前は集中したくても胸のざわめきが止まらず自分自身説明のできない感情に悩まされていました。いつ暴れだすかわからない正体不明の化け物が心のなかで暴れている感覚とでもいいましょうか。

それが無くなったことは自分にとってかなり大きな出来事でした。 

 

ストラテラの弊害? ひらめきって必要?

 ストラテラコンサータを飲むとよくひらめきがなくなる感じがあると言っている人います。

でも普段の生活でひらめきって必要ありますか?

むしろハラなんかは心を落ち着けたい、物事に落ち着いて取り組めたら焦らなくていいしどんなにいいだろうと思っていたタイプなのでひらめかなくていいんですよね。

むしろ理路整然と考えを巡らせられるのでよっぽど今のほうがいいなと思ってます。

 ADHDのひらめきって目の付け所が違うことが多いですけど、相手がうまく受け取ってくれないと成立しないと思っていて無意味になることが多いんじゃないかなとハラは考えています。

なので普段の生活でひらめきなんてほとんど必要ないから、ストラテラなりコンサータは絶対に飲んだほうがいいと個人的には思います。

 

 まとめ

ハラはストラテラしか飲んだことがないのでコンサータについてお話することはできませんが一般的には

コンサータ=不注意

ストラテラ=多動性、衝動性

に効くそうです。でもADHDは基本的に個人差が大きいのでいろんなブログを読んで自分で変に薬についてあれこれ考えるより先生に相談して決めるのが一番だと思います。

不注意型なのか多動性、衝動性型なのか検査ですぐに分かりますしね。

ADHDやADDには薬って必須だと本当に思います。

なのでこのブログが少しでも薬に躊躇しているあなたの役に立ったならそれが一番ハラにとっての喜びです。

 

 あ! あとブログで前にも言ったんですがADHDは必ず医者の診断をもらってくださいね。「私そうかも」ではちゃんとした治療はできませんし、自己診断なんて意味ないと思います。

それに自分ではADHDに当てはまると思っていても仕事仲間からみて問題なく仕事をこなせていれば大丈夫です。

ADHDの人は誰がみてもこいつやばいと思われますから。

ハラはみんなの前で罵倒されたり発注ミス多発で責任取らされたり、上司に殴られたり、蹴られたり、胸倉つかまれたり・・・まぁ数えきれないほどいろいろありました。

 ほとんど瀕死状態でしたね、今思えば。

そうなって欲しくないのでみなさん悩んだら直ぐに精神科へGO! です。

 

ではまた

広告を非表示にする